コンパス調剤薬局は、GOLD認定調剤薬局です。

コンパス調剤薬局は、日本ジェネリック医薬品学会からGOLD認定をいただいた調剤薬局です。現在、約450品目のジェネリック医薬品を準備して ご変更を希望される患者さまへの対応も積極的に行っております。
弊社に採用がないジェネリック医薬品採用につきましては、弊社採用基準にてご準備をさせていただいております。患者さまのご希望に添えない場合もございますので在庫状況等、電話もしくはファックスにて必ずご確認くださいますようにお願いいたします。(メールでの対応はいたしておりません)

ジェネリック医薬品とは?

医療機関で処方される 製造特許が切れた安価なお薬です。
厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品です。製品によっては大きさ、味、においの改善、保存性の向上等、先発医薬品よりも工夫されたものもあります。

お薬のもうひとつの選択、『ジェネリック医薬品』。

医療機関で処方されるお薬(医療用医薬品)には、同じ成分・同じ効き目でも、価格の高いお薬と安いお薬があります。高い方のお薬は「新薬(先発医薬品)」、安い方のお薬は「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」。
ジェネリック医薬品は、患者さんのお薬代負担を軽くするお薬です。

ジェネリック医薬品

新薬の特許が切れた後に発売されます。

新薬は、最初に開発・発売されるお薬で、特許期間中、独占的に製造・販売することができます。 その特許期間満了後に、厚生労働省の承認のもとに発売されるお薬がジェネリック医薬品です。開発期間が短く、開発コストも大幅に抑えられるため2割~7割の価格に設定されています。

どのようなジェネリック医薬品があるのでしょうか?

高血圧症、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病のお薬をはじめ、抗アレルギー剤や抗生物質、そして抗ガン剤まで、あらゆる薬効群において展開。また、錠剤、カプセル剤、注射剤、点眼剤など、さまざまな形状のお薬を開発しています。
※すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。

ジェネリック薬品へのご案内
http://www.haken-kenpo.com/rs/hakenkenpo/generic.pdf

どのようなジェネリック医薬品があるのでしょうか?

薬剤師まで お気軽にご相談ください。

ジェネリック医薬品は、医師、薬剤師とご相談のうえ、お選びください。

2012年4月から処方せんの様式が変わり、患者さまがさらにジェネリック医薬品を選びやすくなりました。「変更不可」という欄ができて、一つ一つのお薬に対してジェネリック医薬品に変更し可能か、医師が判断します。

ジェネリック医薬品は、医師、薬剤師とご相談のうえ、お選びください。

処方箋

「変更不可」欄に、「」または「×」がついていないお薬は、ジェネリック医薬品に変更することができる。
※お薬によってはまだジェネリック医薬品が発売されていないものもあります。
処方せんを確認して、「」もしくは「×」がついていないお薬はジェネリック医薬品に変更することができるから、薬剤師にご相談ください。